過払い金請求で払いすぎた利息を取り戻す

債務整理には様々な種類の手続きがありますが、過払い金請求もその一つです。過払い金請求は、貸金業者と取引をした際の金利が利息制限法で決められた割合の上限を上回っていた場合に発生した超過分の払いすぎた利息を請求して取り戻すという手続きです。

この手続きは自分で行うことも可能ですが、書類を作成したり過払い金を計算をしたりなどと手間と時間を要しますので弁護士や司法書士に手続きをお任せするのがおすすめです。

そのためには、まず最初に借金相談をして今後の方針などについて打ち合わせをする必要があります。最寄りの事務所に問い合わせをしたり弁護士会や自治体の窓口などを利用して相談の申し込みをしましょう。

TVのCMでも過払い請求の告知は非常に多くありますので、その中から探すのもよし、ホームページを探すのもよしでしょう。そして自分にピッタリの司法書士を探してみましょう。

自己破産、過払い、借金相談 大阪は大阪司法書士会所属そとやま司法書士。

大阪、南森町駅近くにある個人再生、過払い請求、自己破産で実績のある司法書士事務所です。

過払い請求できるのか確認

過払い請求は、最近になって非常に多く行われるようになって来ましたが、これを理解するためには過払いが発生する理由を知らなければなりません。

そもそもなぜこのようなものが発生するのかというと、借入をしたときの金利が法律で定められた上限金利を超えていたからだといえるでしょう。

法律では、10万円までは20パーセント、10万円から100万円までは18パーセント、100万円以上は15パーセントと上限金利を定めています。過去には、この上限を超えて貸し付けている貸金業者がたくさんいたのです。

法律の上限金利を超えているということは、つまり支払わなくても良い利息を支払っていたということになります。

支払わなくても良いわけですから、それは当然のことながら自分の財産なのです。自分の財産を取り戻すというのが過払い請求だといえるでしょう。

過払いが発生しているかどうかが分からない人もいると思いますが、計算をしてみればすぐに分かります。フリーソフトで計算をすることもできますから、まずは計算してみるのが良いでしょう。

可能性があるのなら、過払い請求を専門的に扱っている法律事務所に相談をすれば正確に計算を行ってくれるでしょう。

過払いや債務整理を司法書士に相談

スロットや競馬などのギャンブルなどにはまって、お金を借りる人もいますが、株の取引でも先物などは一瞬で大きな額の損失をだしてしまうことがあります。

思いがけない損失によって、多額の借金を抱える人もいるようですので、株で取引きされる際は必ずリスクを確認してから行いましょう。

もしも、負債の額が大きくどうにもこうにも返済が苦しくなったときは、司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。自己破産という選択もありますが、司法書士が債務整理して自己破産せずに済むかもしれません。

司法書士は、ある程度経験があるほうが良いのかもしれませんが、親身になって話を聞いてくれる人を信頼したほうが良さそうですね。なかなか、お世話になることはないかもしれませんが、司法書士という仕事について知っておくのもいいかもしれませんね。

過払い金と貸金業者の対応

貸金業者からの借入額が多額である場合には、時として過払い金が発生することがあるため、早いうちに専門の法律事務所からアドバイスを受けることが重要です。 特に、自己破産のリスクを回避するために、過払い金の返還を請求したい場合には、高額な費用の支払いが必要となるケースがありますが、良心的なサービスが行われている法律事務所のスタッフに相談をすることが良いでしょう。

また、貸金業者の金利や返済方法に関しては、定期的に大きく変更が行われることがあるため、経済的な問題を解決するうえで、常に新しい情報を把握することが欠かせません。

過払い請求を弁護士に依頼するメリット

借金がある、あるいは返済は終わっているが、もしかしたら過払い金があるのではないかという場合、その内容を自分ではなかなか把握できないものです。 過払い金とは、法律で定められた利息の上限を超えて支払ってしまった場合に発生するもので、これは返還してもらえます。まず自分が借りた金額、返済した金額などを明確にしなければなりません。主に平成19年以前に借りたお金がある場合に、請求できる可能性があります。

しかし、実際には、明細がないなど自分でも内容が曖昧だという人も多いのです。金融会社などに対して明細を請求することもできますが、躊躇するところでしょう。 そこで、現状の把握から返金請求までを弁護士に依頼するという方法も選択肢のひとつになります。まずは、実際に返ってくるお金があるのかどうかを、はっきり知りたいところです。弁護士による無料相談を行っているところもありますので、費用の面も含めて相談するのもよいのではないでしょうか。

過払い請求の経験実績豊富な弁護士について

過払い請求は、時間さえかければ自分で行うことも可能ですが、ケースベイケースで、請求先である貸金業者などとの交渉が必要になったりしますので、経験実績豊富な弁護士などに依頼するのが間違いありません。

同じ貸金業者でも、過払い請求に対するスタンスは異なります。例えば、大阪の業者と千葉などの業者では、対応が異なることになります。この辺りは、何度も貸金業者と交渉の経験のある専門家であれば、業者ごとに対応することができますので、より良い交渉を期待することができます。これにより、過払い金の金額が大きく変わることもありますので、非常に重要なポイントということになります。

債務整理と過払い請求は勘違いされやすい

債務整理は、借金を抱えている人が、任意整理や自己破産などを行うことをいいますが、過払い請求は、払いすぎた利息を返してもらうことで、全く違う制度なのですが、よく勘違いをされている方がいます。

二つの制度で、似ている点は同じ利息を返してもらうことですが、債務整理の時の過払い金請求は、借金を返済中に、今まで払い続けている過払い金を、借金返済の一部に充てることで、借金を減らそうとします。しかし過払い金請求は、借金の返済が終わっている段階で、払いすぎた利息を過去に遡って請求することなので似ているようですが、全く違う制度で、行使する場合法律事務所に依頼すると良いです、大阪などでは無料相談も行っています。

司法書士に過払いを依頼する条件とは

過払い請求が行えるかどうか、調べたり処理をしてもらったりする際に、弁護士だけではなく司法書士も行うことができます。しかしながら、弁護士に比べると業務範囲が狭いので条件があり、できる範囲までとなります。しかしながら弁護士に依頼するよりも安く済むので、人によっては司法書士に依頼する人もいます。

大阪や東京などの都心部には事務所も数多くありますので、一度訪ねてみてもいいかもしれません。内容としては金額によって左右されます。140万円以下であれば対応してもらうことが可能です。140万円以上であれば弁護士に依頼することです。

借金相談、過払い請求に関する記事

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続