取り戻すことができない過払い請求とは

過払い請求を行えば、過払い金が発生していれば取り戻すことはできるのですが、それが出来ない場合もある事を知っておきましょう。

どのような場合なのかというと、請求先がすでに存在していない場合です。大手の消費者金融なら今でも営業を行っていますが、すでに破綻して存在しない貸金業者もあります。

すでに破綻していれば請求先がありませんから、返還されるわけはありません。

ですから、債務整理の過払い請求を行う可能性があるのなら出来るだけ早く行動に移すべきでしょう。請求先が破綻する前に取り戻す必要があります。

過払いが発生するケースとは

過払いが発生するケースについてですが、貸金業者からお金を借りる際の金利が利息制限法で定められている利率の上限よりも高かった場合です。上限をオーバーした過払い分は本来貸金業者に支払わなくても良いお金であるため、請求をすることで取り戻すことができます。

それを過払い請求と呼びます。過払い請求の手続きは自分で計算や書類の作成をして個人的に行うこともできますが、法律事務所の弁護士に依頼するのがおすすめです。手続きの依頼をするに際して最初にすべきことは、初回の法律相談を申し込むということです。法律事務所に問い合わせをしたり弁護士会や自治体の窓口を利用したりして相談をしましょう。

過払い金請求を検討して多重債務から抜け出そう

借金を抱えていて、返済に困っている人は過払い金の請求訴訟を検討しましょう。過払い金の請求をすれば、払いすぎたお金を金融機関からの払い戻してくれるのです。この手続きを行うのには専門的な知識が必要となります。法律に関する経験や知識を持っている弁護士や司法書士に訴訟を依頼してください。

初回の相談はお金がかからないことがあります。法律事務所のホームページを見ると、どのくらいの費用で相談できるのかがわかりまう。多重債務を抜け出せるチャンスですから、早めに多重債務のことについて司法書士や弁護士に連絡してください。

過払い請求の弁護士報酬について

大阪や千葉で弁護士に過払い請求を依頼する時、コストが気になるという人も多いでしょう。最近では相談だけなら無料で受けてくれる法律事務所も増えています。正式に依頼をした場合には、着手金が1件あたり2万円~5万円程度、成功報酬は10%~20%程度というのが相場になっています。

弁護士の能力によって戻ってくる過払い金の金額が変わってくることもあるので、過払い金に強く、実績のある弁護士を探しましょう。過払い請求では弁護士の能力の差はあまり出ないのでコストを節約することが重要という意見もありますが、バランスが大切です。

過払い金を司法書士に依頼する条件とは

過払い金を司法書士に依頼することができます。しかしながら、条件があります。司法書士の業務には制限があり、弁護士と同様の仕事をすることはできません。しかしながらその反面、弁護士よりもリーズナブルに依頼することができるのが、特徴としてあげられます。

条件については過払金の金額です。過払金の金額が140万円を超えてしまうと依頼することができません。そうなってしまった際には弁護士の先生に依頼することです。大阪や東京などの場所には数多くの弁護士事務所がありますので、いい事務所を探すことができるかも知れません。

多重債務で困っている方は過払い金請求をしましょう

多重債務で返済の目途が立たず、金融機関に執拗以上の取り立てをされて、精神的に参ってしまっている方が多くいます。そんな方は弁護士に相談をして、債務整理を行うようにしてください。債務整理の中に過払い金請求をすることが出来ます。

利息を払い過ぎている人はたくさんいるので、払い過ぎた利息を返してもらえるでしょう。返してもらった利息は借金の返済にあてることが出来るため、そのまま借金がなくなるケースも非常に多いです。多重債務でどうしようもなく困っている方は、弁護士に相談して過払い金請求をしてもらうようにしてください。

借金相談、過払い請求に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

任意整理について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続