過払い請求や債務整理をした時のブラックリスト

債務整理や過払い請求をすることによってブラックリストに名前が載ってしまい、その後は借り入れが出来なくなってしまうといわれることがあります。

これは常にそうだとは限らず、状況によって異なるということを把握しておくべきでしょう。

現在も債務が残っている状態で任意整理をし、そして過払い請求をした場合には信用情報機関に登録されることになりますから、ブラックリストに載るという状況になってしまいます。

しかし、完済した後に過払い請求をすればこのようなことはありません。

今後は新たに借り入れできないようにしたいというのであれば、ブラックリストに載るような債務整理をするのも良い方法です。

弁護士に過払い請求を任せる場合の注意点

弁護士に過払いの請求や債務整理の手続きを依頼する場合の注意点として、交渉がどれだけスムーズに行くかわからないというものがあります。 過払い金の請求交渉の場合、相手の貸金業者が全額の返済を拒むケースが少なくありません。そして半分や三分の一の返済であれば今すぐできるという風に情報を迫ってくることがあります。

債務整理の場合、任意整理のような債権者との和解が必要な整理方法の場合は、債権者が和解を拒否するということがあります。 なので、過払いの請求で揉めた場合はどれぐらいの返済で妥協するのか、任意整理の交渉がうまくいかなかったら新た自己破産を考慮すべきかといったことを決める必要があります。

弁護士に払いすぎた利息の返還をお願いする

弁護士に払いすぎた利息の返還を求めることをお願いすることにはメリットがあります。過払いが発生している理由は、かつてのグレーゾーン金利に基づく返済ですが、これは違法であることが判例で決まっています。

そのため、確実に権利を主張することができます。しかし、個人が請求しようにも、どうやって交渉をすればよいのかがわかりません。その点、弁護士は十分な実務経験を持っているため、定型的に請求をすることができます。また、間に専門家が入っていた方が、業者の方も無理に争うことは考えないので、速やかに支払いを受けることができます。

過払い請求で弁護士にかかる費用

過払い金の返還請求を弁護士に依頼する場合、費用が必要です。着手金と成功報酬のほか実費が必要になりますが、中には成功報酬のみで対応してもらえる方もいます。特に過払い金問題ではそれが顕著です。

その訳は、確実に返還を受けられるからです。そのため、手元にお金がないという方でも、請求を弁護士に依頼することができます。支払いは、帰ってきたお金から支払うことになります。弁護士に依頼しても多額の返還が受けられるという場合であれば、確実に帰ってくるという点で依頼したほうが効率的といえるでしょう。自分でやるより安心です。

弁護士に時効成立前に過払い金請求を頼む

消費者金融からの借入金の利息の割合が、利息制限法の割合を超えているグレーゾーン金利となっていた場合、過払い金請求を弁護士などに依頼することで、既に支払っている利息の一部を取り戻すことができます。

過払い金の返還請求権には時効があるので、出来るだけ迅速に手続きを行うことが必要となります。 消費者金融なども金融関連の法律知識を熟知していることが考えられるので、素人が交渉をしてもなかなかお金を取り戻すことができないでしょう。 弁護士が交渉の場に立てば相手も警戒してきちんとこちらからの請求にも対応してくれるでしょう。

弁護士に消費者金融との過払い金交渉を依頼

医者と同じように弁護士にも得意分野があり、消費者金融から借り入れした借金に悩んでいる人の相談に乗っている事務所もあります。 借金を無計画にしてしまい、返済に困っている人の相談に応じており、場合によっては、過払い金請求訴訟などを代理してもらうことも出来ます。

支払いに困っている人は着手金などを支払えず、相談を躊躇している人もいますが、弁護士事務所によっては、取り戻した過払い金の一部から報酬を受け取ることとしているので、事前にお金を用意せずに相談をすることができます。 一人で困っていても問題解決には近づかないので、一度相談をしてみると良いでしょう。

過払い請求と債務整理の必要性とは

近年では、クレジットカードでの支払いがどこでもできる様になり、借金で悩む人は増加傾向にある事が分かっています。中には多重債務者になってしまい、借金が深刻化してしまっているケースが数多くあります。大阪や東京などの専門機関では、借金の無料相談が行われていますので、一人で思い悩む前に相談してみる事が大切です。

過払い請求や債務整理などの方法で、借金を法的な手段で解決する事ができます。抱える借金や返済能力によって手段は変わってきますが、第二の人生を歩む為に必要なこととなってきますので、それらの手段を検討してみてもいいかも知れません。

過払い請求も債務整理の1つです

最近さかんにCMなどで呼びかけている過払い金。何の事だかご存知ですか?簡単にいうと払いすぎた利息のことですが、法律で定められた18パーセントという利息よりも多い利率で利息を払っていたかもしれないのです。消費者金融やクレジット会社でお金を借りた人、大手デパートのカードでキャッシングした人はその対象に1人です。

特に長期に渡り返済を続けていた人は高額の過払い金があるかもしれないので、1度債務整理の意味も兼ねて法律事務所に相談するといいですね。完済してから10年以内であれば、過払い請求が可能です。大阪の法律事務所などでも、年間に何百人という人が、払い過ぎたお金を取り戻すことに成功しています。

借金相談、過払い請求に関する記事

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続