司法書士で顧問契約

企業が一時的な対応のみならず、できればずっと継続して困った時にはすぐに司法書士に相談したい、という事もあるかと思います。その様な企業のために顧問契約を行っている事務所も多いかと思います。司法書士にとって顧問契約を行い、仕事をするという事は比較的安定して仕事ができる場合が多いのではないでしょうか。

弁護士に顧問契約を依頼する企業もありますが、小規模の企業などであれば、彼らに依頼する事もある様ですね。また、法律についてはいきなり問題が発生したり、不明点が出てきたりする事もあるかと思います。

そんな時にも多忙だという理由で待たされてしまう事なく、素早く対応してくれるのは嬉しいですね。

司法書士と話をして決める過払い

金融機関によっては、司法書士から過払い金請求を行ったとしても、すぐに応じない事もあり、その場合には訴訟をするかどうかという事を考える必要があるかと思います。過払い問題において訴訟をするかどうかという事は大きな決断だと思いますので、司法書士と話をして決めるのもいいでしょう。

過払いの訴訟について司法書士に意見を求めるのもいいでしょう。司法書士に相談しても、過払いで訴訟をするという選択肢ばかりではなく、金額が多くない場合などには断念する方がいいという事もあるかと思います。過払いについては、司法書士が詳しいので、プロの意見を聞く事によって、考え方が変わったりする事も場合によりあるかと思います。

司法書士に相続登記を頼むには委任状が必要

相続登記とは相続をなされている方が亡くなられた際に、 持っていた土地や不動産の名義変更を行う事を言います。 何故こちらが必要かと言いますと、 手続きを行って居なくては相続をなされた方が土地や建物の売却を行う事は出来ません。

相続登記の申請に委任状を付ける時と言うのは殆どの場合、 不動産を相続なされる方が専門家である司法書士に宛てて出されます。 委任状の内容は司法書士の住所や氏名・登録申請の目的・原因や日付・亡くなった方の氏名・住所、 持分・登記する不動産の表示・委任日などに加え、 登記申請書類の提出と登記識別情報、添付書類の受領に関する書類など任意する範囲を書きます。

これらの項目の書かれたものを司法書士に依頼する際に持っていかれなくても、 100%の確率で事務所側が準備してくれるものを使用します。 もし出された際の内容に疑問があった場合は確認してから捺印をしましょう。

司法書士の平均年齢は?

司法書士の平均年齢は、高齢化の傾向がありますが、将来的にしっかりと稼ぎたい場合には、信頼度の高い法律事務所に勤務をすることがとても有効です。最近では、司法書士の年齢に応じて、スキルアップを目指そうとする人が増えてきており、研修制度がしっかりとしている法律事務所のメリットをじっくりと理解することが欠かせないテーマとしてみなされるようになっています。

また、もしも最新の司法書士の平均年齢について知りたいことがあれば、定評のある法律事務所のスタッフにアドバイスをもらうことで、何時でも冷静に判断をすることが可能です。

司法書士の主な業務は

主な業務として、商業登記や不動産登記などの登記業務、相続、企業法務、債務整理などの書類作成業務、簡易裁判所で審理される、140万円以下の法律事件の解決などが挙げられます。登記業務は独占業務となっていますが、その他の業務は、弁護士と重なる部分が多々あります。

遺言書や相続関係の書類。協議離婚の際の離婚協議書などは、行政書士の仕事とも重複しています。いろいろな業務を行う事が出来るのが、司法書士の良いところなので、弁護士事務所や行政書士事務所が近くない場合や、利用しづらいと感じた場合は、司法書士に相談をしてください。

司法書士に依頼する方法を知っていますか?

司法書士に依頼する機会はなければないことに超したことがないのですが、もし依頼をしたいとなった際には急いで解決したいことがある時だと思いますので、依頼の仕方を知っていた方がスムーズです。

まずは気になる事務所に電話をします。今ではある程度の相談であれば無料で電話を受けてくれるので、そこで解決してしまえば、それで問題ありません。また雰囲気を感じ取るのに電話という手段はとてもいいです。もしあなたがいいと思ったのであればアポを取って事務所に行きます。そこで一から話をして、見積もりを出してもらい、正式な依頼になります。

司法書士に関する記事

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続