返済しない債務整理

債務整理の中でも、借金を全額返済しなくてもいいものがあります。

皆様も聞いたことがあると思いますが、自己破産が返済しなくてもよい債務整理となります。

この、自己破産は誰でも行えるというわけではなく、厳しい審査があり、債務者が努力しても支払不能と裁判所が認め、確定したら、借金の返済をおこなわなくてもよくなります。

ですが、借金が帳消しになるかわりに、自己破産制度は財産以外は全て換価し、債権者に配当を行います。

法令・告示・予算・人事などの国が発行する唯一の法令公布の機関紙の官報に、破産者の氏名・住所・破産手続きをした日時・裁判所などが記載されてしまいます。

他にもまだ、ありますので、自己破産は本当に行うべきかどうかはしっかりと確認してから、行うようにしましょう。

債務整理を活用すれば完済も可能に

すでに債務がかさんでしまい、自分の収入では返済ができなくなってしまったら、債務整理を検討すると良いでしょう。債務整理とは、返済がしやすいように貸金業者と交渉をして、返済額を減らしてもらったり、利息を免除してもらったりすることです。

これにより返済が楽になり、完済も可能となります。ただし、個人で債務整理をしようとしても、通常は交渉に応じることはありません。そのため、必ず弁護士を利用する必要があります。間に弁護士を挟むことで、業者は交渉に応じてくれます。初回の法律相談が無料な法律事務所もあるため、まずは相談してみましょう。

弁護士に債務整理の相談をする~完済も目指せる

借金などの債務整理に関してはいくつかの方法があります。その中には法律の専門家の力を借りた方が、効率よく手続きを進めることができるものもあります。たとえば裁判所への申し立てが必要な自己破産がその一例です。

法律の専門家にも色々な職業の人がいますが、この中でも特に頼りになるのが弁護士です。弁護士の中には、債務整理を専門としてる人もいるので、そのような人に債務整理に相談をすれば完済を目指すことも可能です。また多くの弁護士事務所では、規定時間内の借金相談だけであれば料金がかからないと言うことも多くあるので、迷っている方は相談されるのが望ましいです。

債務整理、過払い金の請求は過去何カ月のものまで?

債務整理における過払い金の請求は過去何カ月のものまで可能かというと、期限はありません。過払い金に相当するものはすべて対象となります。ただし、気をつけなければならない点が一つあります。それは、最後の取引からどのくらいの期間が経過しているかです。

過払い金には時効があり、最後の取引から10年が経過すると請求権が消滅してしまい、一銭も戻ってこなくなります。ですから、現在も利用中、または返済中であれば、取引が継続しているので問題ないのですが、既に完済してしまっており、消費者金融などで高い利率でお金を借りていた場合は速やかに行動に移さなければなりません。

債務整理とは多重債務者へどのような利点があるのか

現在大阪などの大都市の法律事務所や、司法事務所などでも数多く取り扱われている多重債務の返済方法の一つです。ネット上でも調べると「債務整理が得意な法律事務所」といった内容が出てくるほどです。債務整理というのは弁護士や、司法書士を通して、金融会社と月々の返済金額を減らしてもらうよう交渉する方法です。

借金が全てなくなるのではなく、あくまでも毎月の何社へもの返済を全て合わせて、自分が支払える金額にしてもらうということです。例えば5万円なら支払えるという場合には、5万円を弁護士さんが各社にそれぞれ毎月支払いをしてくれ、直接自分で支払う必要がなくなります。

債務整理は長い時間がかかる

任意整理の場合は、相当早めに手続きをすれば1ヶ月程度で終わることもあります。後は返済をするだけで完了なのですが、それ以外の債務整理は時間がかかってしまいます。特に厳しいとされているのが個人再生で、その時間は1年に達することもあります。

問題となるのは、債権者側が同意してくれるかの話です。意外と同意してくれない傾向があるので、時間がかかってしまいます。もし同意を得られないようなら、時間をかけてでも説得するか、方針を変えなければなりません。意外と時間がかかって、ようやく債務整理が実現できたと思えることも多いのです。

債務整理・多重債務・自己破産に関する記事

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続