不動産の相続手続き〜遺産相続の方法

ご家族が亡くなったら、その方が持っていた不動産は当然に相続人の物になると思っている方が多いようです。 しかし、実際は、そうではありません。 土地や建物、マンションなどの不動産には登記簿があります。この登記簿を書き換えなければ、本当に持ち主が相続人に変わったことにはならないのです。

数ある相続手続きの中でも、この登記簿の書き換えは面倒なものです。 特に期限がないからとそのまま放っておくと、さらに次の遺産相続が発生して、より面倒なことになってしまいます。

いざ土地を売ろうとしたら、ひいおじいちゃんの名義だった。登記簿の書き換えをしようと思ったら、膨大な戸籍が必要となり、すごい時間がかかった、ということもあります。 相続登記は、早目にしておくのが良いようです。

個人の相続手続きについて

個人の相続手続きの場合、一人が独断で勝手に相続はできません。相続人全員の承認がないと相続はさせてもらえません。金融期間では、相続手続きをするときの書類には、相続する人が一人でああっても、相続人全員の印鑑などが必要になります。また金融期では、亡くなった人の口座は、連絡があった時点で口座が凍結されます。お金などをおろそうと思っても、相続手続きが完了しないとお金は動かせません。

また、株など日によって値段の違うものは、相続税の計算をするための資産の金額は、いくつか基準日があり、その一つを選ぶことができます。基準日によって、多少全体の資産の金額が変わったりします。

裁判所で相続手続きを始めよう

裁判所において相続手続きを始める際には、様々な書類の提出が必要となることがあるため、予め信頼のおける法律事務所に相談をすることが大事です。 とりわけ、相続人の人数が多いケースにおいて、様々なもめ事が発生するリスクが高まりますが、いざという時に備えて、遺産の総額をしっかりと調べておくことがポイントです。

また、裁判上の相続手続きの取り方に関しては、素人にとって冷静に対処をすることが難しいこともあります。 そこで、実際に相続手続きを終えた人から直にアドバイスをもらうことで、不安を解消することが良いでしょう。

相続手続きについての相談は誰にすれば良いの?

相続手続きで、相続人に独り占めしようとする人がいる、連絡がとれない人がいる、認知症の人がいる、遺言の内容に納得がいかないなど、個人での解決が難しい場合や、法廷闘争にまで持ち込まれそうな場合は、弁護士に相談するのが望ましいです。

司法書士、行政書士でも相続に関する業務は行っていますが、相談者の代理として法廷に出ることができるのは弁護士だけです。話し合いの流れで、次々に専門家にお願いすることになるのは、費用の面からデメリットがあると言えます。その点で誰に相続手続きを依頼するかは大切なポイントです。大阪で相続を得意とする弁護士は相続弁護士ナビで調べることができます。

相続手続きにおける様々な法律

資産を所有する方が亡くなって相続手続きが発生した場合、残された家族など相続人の対象となる方々の間では、遺産の分配に関する話し合いが行われます。一人ひとりの権利が守られた上での分配方法が決定されるよう、時には家庭裁判所の介入も行われながら解決が目指されます。

また遺言書が遺されていた場合、記載されている内容には大きな偏りが存在しているケースも多く、相続人それぞれの最低限度の保障もなされながら、問題に対処されます。公証役場や公証人が介入することもあり、法律に基づいた対応が行われるため、トラブルの回避が実現されます。

問題に対処したい相続手続き

資産を所有する方が亡くなった場合などにおいて発生する相続手続きは、様々な要素がトラブル発生の原因となりかねません。複数の相続人が存在している場合の分配方法や、遺言書の内容によって判断が必要な場合など、あらゆるケースが見受けられます。

弁護士や司法書士などの国家資格を有する専門家へ相談されることもあり、法律に基づいた上での解決方法を見出すために上手く活用させることができるようになります。また、問題の内容によって家庭裁判所や公証役場の介入が必要となる事柄も存在するため、正しい情報収集を進めることが、問題解決の近道でもあります。

相続手続きや遺産相続に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

任意整理について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続