任意整理の毎月の返済額は?

任意整理をすると、利息と遅延損害金をカットしてもらい、残った元本を3年程度かけて返済していきます。借金の元本が360万円なら、金利はゼロとなり、毎月10万円ずつを返済して、ちょうど3年で完済できます。

返済は銀行振り込みになるので、手数料が安い銀行から振込みをするようにしましょう。ネット銀行など、一定の条件を満たせば手数料が無料で振込みができる金融機関もあります。任意整理の返済期間に上限はありませんが、長くなるほど交渉は難しくなるようです。基本的には3年ですが、5年以上の返済期間を設定できることもあるので、あらかじめ弁護士に相談しておきましょう。

債権者と直接交渉。任意整理で借金減額

任意整理とは、借金の利息や遅延損害金をカットして借金を減額する債務整理手続です。裁判所を介さず、債権者との直接交渉によって減額を目指します。債権者が複数いる場合、その中からどの借金を減らすのかは、債務者が自由に選択することができます。他の債務整理のように全債権者を相手取る必要はないのです。

任意整理は債務者本人が直接手続をすることもできますが、交渉次第で借金の減額幅が大きく変わってくるので、弁護士や司法書士のような法律の専門家に依頼するのが一般的です。債権者との話し合いが上手くまとまれば和解案を締結して、債務者は減額後の借金を分割弁済していくことになります。一方で、話し合いがこじれた場合は、裁判で決着をつけることもあります。

債務整理で自己破産をするなら弁護士に依頼する

債務整理には、任意整理や特別調停、個人再生のほか自己破産がありますが、それをする場合は一般的に弁護士が必要となります。この手続きは、申立書類を裁判所に提出、破産手続開始決定、管財人との面接、債権者集会を経て、最終的に免責を受ける流れで行われますが、裁判官、管財人、債権者などと面接や交渉など、弁護士の力が必要となる場面が多々あります。

もちろん、数十万円にも及ぶ支払報酬を節約したいという人が自ら行うケースもありますが、債務の内容や所有する財産の状況などが極端に少なくない限り、基本的には弁護士の協力を得た方が良いでしょう。

債務整理の方法としての任意整理

債務整理とは法的な手法を用いて、借金の返済額を減らしたり負担を軽減させることを言います。その方法の中には、3通りあり、任意整理、自己破産、民事再生となります。その中でも、依頼者の代理人として弁護士が貸金業者と話し合いをして、借金の整理をすることを任意整理といいます。

この場合は、公的な機関である裁判所などを通す必要はありません。この場合、借金がすべてなくなることもありますし、場合によっては払いすぎている金利が戻ってくることも考えられます。大阪でも、このような債務整理を行ってくれる弁護士も多数いますので困っている方は相談してみてください。

任意整理で解決させたい多重債務の場合

任意整理による借金問題の解決は、裁判所への手続きが必要なく、借入先である金融業者などとの直接的な交渉の身で手続きが行われます。個人的に勧める事も不可能ではないものの、弁護士や司法書士などの法律専門家に介入してもらう方が、よりスムーズに対応されるケースが多く存在しています。

また多重債務などに悩む方の場合、どのように対処すれば分からないという場合もあり、法律に基づいた判断基準が心強い味方になることもあります。より大きなトラブルへ発展する前に、できるだけ速やかに対処させられるよう、利用できる機関を探し出すことも重要です。

多重債務で困っている方は任意整理を行いましょう

多重債務で困っている方は、弁護士に相談をしてください。弁護士に相談をすると、任意整理を行う事が出来ます。いろいろな方法がありますが、自分に合ったプランを選択することが出来ます。

どうしても返済することが出来ない場合は、自己破産宣告をすることも出来ます、どのような方法があるのかは、弁護士がアドバイスしてくれるので、多重債務で困っている方は、弁護士を利用してください。必ず自分にとって良い方法を、弁護士が見つけてくれます。無料相談を行っている弁護士事務所が、多くありますので気軽に相談することが出来ます。

任意整理に関する記事

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続