交通事故による慰謝料の相談は専門の弁護士へ。

もし交通事故を起こしてしまい相手から慰謝料を請求されたとき、みなさんならどうしますか。費用がもったいないので自分で交渉するなどというのは大変危険なことで問題が長期化するばかりです。

また一般的には弁護士なら早期に解決してもらえるとお思いでしょうが、相手方に身体的損害が生じ治療が長引く可能性があるなどの場合も考えられ交通事故の場合は事故に特化した専門の弁護士を利用することが早期解決への近道でしょう。

また、解決後の弁護士へのお礼などもそれぞれことなると思いますので相談前に聞いておくと安心することでしょう。

交通事故慰謝料請求の裁判について

交通事故慰謝料を相手に請求するときには、最初は示談を行うのが一般的です。しかし、相手との間で合意が形成できなかった時や、相手が交渉に応じないときには、裁判で請求することになります。

交通事故慰謝料は、不法行為に基づくものであるため、立証責任は被害者の方にあります。つまり、相手の過失とそれによる損害、両者の因果関係を立証していく必要があります。慰謝料は精神的な損害に対する金銭賠償なので、この立証をするのは難しいです。そのため、請求をする場合には弁護士に依頼した方が、裁判で勝訴をする確立が上がります。

交通事故の慰謝料や損害賠償の請求の仕方

交通事故の慰謝料や損害賠償を請求するためには、予め専門的な知識や経験を身に着けることが成功のポイントとして挙げられます。 近年では、複雑なケースにすぐに対応をしてくれる法律事務所のメリットについて、数々の経済情報誌などで特集が組まれることがあるため、隙間時間を使いながら、すぐに役立つ情報を集めることが良いでしょう。

また、交通事故の対処法をマスターするためには、長い時間がかかることがありますが、各分野の専門家のアドバイスを受けることによって、多忙な毎日を過ごしている人であっても、速やかに行動をすることができます。

交通事故慰謝料はいくらが妥当?

交通事故慰謝料がいくらが妥当かは、案件次第です。そもそも、慰謝料は精神的損害に対して支払われるため、自己の程度によって異なってきます。ある程度は、判例実務で現れた交通事故慰謝料を参考にすることはできます。しかし、個人でそのことを調べるのは大変ですし、似たような事例でもその結論を分ける事柄があるため、実は全く異なる事例である、ということもありますので、素人が自分で調べるのは危険を伴います。

そこで、いくらが妥当か、交渉をしたり裁判を起こしたりするうえで助言をもらいたいのであれば、弁護士に相談をしましょう。裁判では、自由に相手に対して請求する金額を自分で決めることができますが、一度判決が確定してしまえば、それ以上請求することができなくなります。一部請求であることを明示して訴えれば、あとで請求することはできますが、どうせならば一度で解決したほうが手間もかかりません。

そのため、最初から弁護士に相談をして、どれくらいが適切かを助言してもらうと良いです。 そして、できれば訴訟や示談交渉の場合も、弁護士にお願いしたほうが無難です。素人がこれらを行う場合、知識不足ゆえに相手に負けてしまう場合があるため、それを補う必要があるからです。

交通事故慰謝料の事例について

交通事故慰謝料の事例については、いくつも上がってきています。その中でも専門家に依頼する前と、あとでは慰謝料の額が変わったという点です。慰謝料の額は判断する基準や、認定された等級によっても大きく変わってきます。

しかしながら、一番大きく変わるのはやはり弁護士のような専門家を雇ってからです。近年においては保険会社の内容で弁護士特約がつけられるようになってから、弁護士の活躍が多く見られるようになりました。弁護士の他にも専門家は多くいますので、そのような人達に相談することも可能ですが、一番いいのは弁護士だと言えます。

交通事故慰謝料の相談は、弁護士にするのが一番良い

交通事故慰謝料の相談は、弁護士にするのが一番良いです。その理由は、交通事故慰謝料の算出方法には、3つの基準があり、その中でも弁護士基準が一番高いからです。保険会社等の提示してくる金額との差が、とても大きくなるケースもありますし、特に重度の後遺障害認定の場合や、死亡事故の場合は額が大きくなります。

家族や親戚が死亡事故に遭われた場合は、弁護士を利用して適正な慰謝料を請求してください。弁護士は、着手金等無料で成果報酬制の弁護士事務所がほとんどで、相談に行くとどれくらい増額出来るのかも、アドバイスをもらえるので安心して依頼することが出来ます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料に関する記事

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続