任意整理をするとカードが作れなくなる

任意整理は、債務整理を行う場合にすぐにすることのできる方法であり、裁判所を通さなくても債務の圧縮をすることができるため、人気を集めている方法です。しかし、いいところばかりがあるわけではなく、任意整理をすることによってクレジットカードなどが作れなくなるというデメリットも抱えることになります。

任意整理が行われてから5年というケースや、それによって圧縮された債務の返済が完了してから5年というケースもあるため、10年近くクレジットカードが作ることができないという場合も出てくるため、細心の注意が必要となります。

任意整理をするとキャッシングにどんな影響がでるのか

任意整理を選択すると、債権者との交渉に成功すれば、債務の減額や、弁済方法を債務者にとって有利なものにすることができます。しかし、この方法で債務整理をする場合は、キャッシングの利用にいくらかが影響がでる点は留意しておかなければなりません。

任意整理後は、債権者が信用情報機関に任意整理を行った事実を事故情報として登録します。このため、情報が登録されてからおおむね5年間は、キャッシングに申し込むことはできなくなります。登録された情報が削除されるまでの間は、原則として借り入れたお金の返済しか行うことができないので、債務整理をした後は計画的にお金のやりくりをしていきましょう。

任意整理でカットできる利息とは

任意整理をすると、将来利息をカットできます。過去に支払ったものについては、カットできません。あくまで、任意整理をした時点から後の借金について金利がゼロになるという効果だけです。

まだ支払っておらず、滞納を続けている利息と遅延損害金については、全額カットすることができます。ただし、必ず金融機関が交渉に応じてくれるわけではないので、返済期間の延長には応じるが、金利はゼロにできないということもあります。しかし、金融機関にとっても個人再生や自己破産をされることは避けたいので、高い確率で任意整理は成功するようです。

自転車操業になってしまっているなら任意整理もしくは債務整理を

任意整理(債務整理)とは銀行や金融機関から借りているお金を、弁護士さんを通して返すという制度です。弁護士さんを通すことによって今まで支払いしていた金額よりも少ない金額にて返済することができ、催促の電話などもなくなります。

法律事務所には個人情報を守る義務がありますので、任務整理していることが誰かにばれてしまうようなこともありません。弁護士さんへの依頼料は借りた先との交渉が上手くいった時点から発生し、その報酬も分割で支払うことができます。大阪には沢山の任務整理(任意整理)に強い弁護士さん、法律事務所があり、無料で電話相談を受け付けている所もあります。

多重債務を抱えている人は任意整理

多重債務というのは沢山の業者からお金を借りている状況のことです。当然多くの業者から借り入れをしているということには、毎月その借りている会社全てに返済をしていかなければなりません。

1社2万円でも5社から借りていたら付き10万円の返済です。月10万円の返済を続けていくこ中々困難です。そういった際に任意整理を行うことによって、1社あたりの返済額を自分で返済できる範囲に抑えることができ、無理なく返済を続けていくことができるようになります。また返済計画を専門家がたててくれるので、自分で返済を続けるよりも遥かに高確率でスムーズに返済することができます。

多重債務の人が任意整理をするデメリットはあるのか?

多重債務の人が、任意整理をすると、借金の返済が楽になるという最大のメリットがありますが、果たしてデメリットはあるのでしょか?まず任意整理をするとどういったことが起きるのかというと大きな問題点としては信用情報にそのチェックが入るということでしょうか?

こちらのチェックが入ることによってクレジットカードの作成が難しくなったり、分割での支払いが難しくなります。また新たに借り入れをすることが当然難しくなります。しかし、借金を抱えている人が新たにクレジットカードを作成することも、借入することも考えにくいので、特にデメリットと呼ばれるものほどではないかと思います。

任意整理に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありませんので間違っている点があるかもしれません。大阪、神戸、千葉には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

交通事故弁護士による慰謝料相談、過払い請求、債務整理、任意整理などの借金相談、相続手続きの内容を追加していく予定です。

日常生活を取り戻す債務整理

借金相談、過払い請求について

任意整理について

司法書士について

交通事故の慰謝料について

相続手続きや遺産相続